ビジネスフォンを変えることでコストが削減できます

アベノミクスの影響で、わずかばかりでも景気が上向いていると報道はされていますが、なかなかそういった実感はわかないというのが実情ですよね。一円でも経費を削減したいとお思いの経営者の方が大半でしょう。しかし人件費はこれ以上削減できず、増税の影響で備品や消耗品の価格も上がる一方です。 そこで私が提案したいのは、ビジネスフォンを変えることでコスト削減するという方法です。コスト削減ナビを使ってビジネスフォンを変えると、実際大きなコスト削減ができるのです。 コスト削減ナビを使って電話回線を導入すると、市内であっても市外であっても料金は変わらず、3分でたったの税抜き7.9円と驚きの価格です。利用状況によっては最大60%のコスト削減もできてしまうのです。 そのうえ、更にコスト削減ナビは業界最安値に挑戦しているのです!指定の電話回線に契約することで、ビジネスフォン本体の価格も値引きしてくれます。そしてインターネット回線、携帯電話、コピー複合機などといっしょに契約することで、更なる値引きもあるのです。複数のビジネスアイテムが同時に手に入る上に安くなるとなれば、もう言うことなしですね。 あなたの会社も、ビジネスフォンを変えることによって、コスト削減を図ってみませんか?

企業には欠かせないビジネスホンとは?

会社に勤めている人や、会社を経営している人へ知っておいてほしいのがビジネスホンです。他社やお客さんと連絡を取る際には電話は欠かせないですよね。その電話をビジネスホンに換えるだけで仕事の効率がグンっとアップする事を知っていますか? ビジネスホンが一般電話と違うのは見た目からして違います。ビジネスホンにはボタンがたくさんついています。 ビジネスホンは簡単に説明すると複数の外線と内線を共有して使用できるのです。外線からかかってきた電話を内線に転送する事ができるのです。 自分の所にかかってきたけど、違う人に用事があったという場合に、会社内で転送する事ができます。また、外出先にいても自分のデスクにかかってきた電話を他の人のビジネスホンで取る事ができます。こういったように活躍してくれるのがビジネスホンなのです。大変便利ですよね。 会社に電話機2台以上、電話回線が2回線以上あればビジネスホンを利用する事で料金も安く収まります。ビジネスホンを接続する電話回線の会社によって料金は事なりますが、ある会社では月に約15000円安くなり、年間では180000円の差額があります。こんなにも料金が変わるとビジネスホンの方が断然お得ですよね。 ぜひ、まだビジネスホンを導入していないという会社がありましたら、検討してみてはいかがでしょうか。